土間のコン打ちが終わったので、今度は基礎立ち上がり部分のコン打ちに入ります!
kou_t_14
型枠を設置していきますが、その時に断熱材も一緒に設置していきます。

kou_t_15
アルファの住まいは基礎から断熱するため、この押出法ポリスチレンフォーム(薄いグリーンの、厚みがある部材です)を基礎の外周部に施工します。

スケールがあてられている金色の部材はアンカーボルトです。建物を基礎としっかり繋ぐための大事な部品(どの工事も部品も大事ですけど、殊更!特に!大事です)なので、深くコンクリートに埋まるように設置します。
kou_t_16
型枠内を見るとグレーの配管。配管を通すための隙間をつくるために事前に設置しておきます。

コンクリートが固まってから穴をあけるより、事前に穴ができるように段取りをしておく方が時間も費用もかからないので、ひと手間かかりますが配管を設置しました。

kou_t_17
事前に入念に下準備をしてからのコン打ちです。

コンクリートが固まる前に手早く施工します。
kou_t_18
立ち上がり部分が出来上がったら、続けて階段部分の施工をするために型枠を設置しました。

このタイミングで玄関の土間もコン打ちするので、断熱材やワイヤーメッシュをセットしておきます。

kou_t_19
コンクリートの打設が終わったら、養生です。

そして基礎工事が終わったら、いよいよ建物本体の工事に入ります!