TOTOさんと言えば住宅設備で有名な企業ですが、そのTOTOさんのホームページで住宅設備のペーパークラフトが公開されていることをご存知でしょうか。

paperc_00
※画像はTOTOさんのホームページのスクリーンショットです。

TOTO ペーパークラフト 検索結果

キッチン、トイレ、バスルーム、洗面化粧台など、TOTOさんの水回りの商品がペーパークラフトで作れちゃうんです!
そこで、住宅模型を製作している身としては、住宅設備も作ってみたい!と思いまして。

でも、住宅模型と違ってどうしても必要なものではないため(住宅模型はお客様にプレゼントしたり、打ち合わせの時に使ったりしています)、仕事かといわれると違う気もする……。

ので、がっつり作業時間をとるのではなくて、隙間時間を利用して少しづつクラフトしてみることにしました。
結局仕事中にやるんかい!と突っ込まれそうですけど、ほら、ブログ書くのもお仕事だし……(^-^;


選んだのはトイレ。

やっぱりTOTOさんと言えばトイレでしょ! という単純な理由です。

トイレのペーパークラフトはネオレストAHタイプとネオレストRHタイプの2種類がありますが(2018年5月現在)、ネオレストAHタイプのほうをつくってみることにしました。
完成したものの写真を見たときに、なんとなくRHタイプよりAHタイプの方がシュッとしていてカッコよく見えたのと、製作目安がRHタイプよりAHタイプの方が短かったので。

ちなみにAHタイプの制作目安は1日。

模型作成で製作作業はよくやっているので、目指せ、1日かけないで完成!です。

まずはプリントアウト。
paperc_01
このパーツを切り出して組み立てるんですね。ちょっとだけ厚紙に印刷します。
「紙は坪量128g/㎡程度のものが適しています」と書かれています。
たぶん、ちょっとだけ厚紙なのがポイント。

分厚すぎると弊害があるのだと思います。例えばこれ。
paperc_04
カーポート作成の時に、分厚い紙を使えば丈夫なカーポートができるんじゃないか!?と、社内にある中で一番分厚い紙を使ってみようとしたのですが、折ると印刷面が割れてしまって下の白い紙がもれなく出てきてしまったのです……。

黒いカーポートではなく白黒シマシマのカーポートが出来上がりそうになったので社内で一番分厚い紙で作成するのは断念しました。

何事もほどほどです。

ちょっと話が脱線しましたが、
トイレの組み立て方も別ファイルでダウンロードしてあります。

普段の住宅模型作成では組み立て方・設計図のようなものはなくて、自分の頭で考えて組み立てているので、書かれている通りに製作するというのはある意味で新鮮です。
paperc_02
切り出してみてわかったのは、とにかく細かいこと。
このギザギザ!

ここで必要なのは根気と、老眼になっていないお目目だと思います。( ´∀` )コマカイヨ!
paperc_03
曲線の切り出しも多かったです。

たぶんそれなりの器用さがないと、キレイに切り出せないです。
自分がキレイに切り出せているかと聞かれたら、ちょっとガタガタしてますけど!

とりあえずカッティングは終了です。

今までに気が付いた必要なもの:
作業を最後までやろうとする根気。
老眼じゃない(細かいものが見える)目。
それなりの器用さ。

もう一つ、一気に作業をしようと思ったら:
利き手の耐久性。

作業が細かいので。結構酷使しますよ……。
いや、作業は楽しいんですけどね。

隙間時間にちまちまと作業するくらいが疲れなくてちょうどよかったです!

次はパーツを折り曲げて、組み立てだー!