基礎工事の続きです!

kou_y_15
砕石を敷き、転圧した砂利の上にはビニールシートが隙間なく敷かれています。継ぎ目の重ね幅もバッチリ。

地面から上がってくる湿気をシャットアウトします。
kou_y_16
ビニールシートの施工の後、捨てコンを打ちます。

基礎型枠を正確に設置するための大事な土台となります。

捨てコンの上に基礎型枠を設置したら、配筋工事開始!
kou_y_17
鉄筋を設計されたとおりに配筋、鉄線で固定していきます。

基礎型枠内に設置するのは、鉄筋だけではありません。
kou_y_18
白くて丸いパーツはスペーサー。

鉄筋にかぶせるコンクリートの厚さは最低基準が決まっていますが、それを確実にクリアするために入れるのがこのスペーサーです。

そして奥のグレーの管は配管。給水、給湯、排水などの、全面道路から引き込まれている管をここから家の中に引き込みます。
kou_y_19
配筋、その他のパーツの設置が終了しました!

この状態で、第三者機関による中間検査を受け、きちんと施工されていることを確認し、検査に合格した後、コン打ちになります。

コン打ちの様子は次回です。