前回は室内の塗装工事でした。

塗装工事が終わった後の室内はこんな感じ。
kouk_k_81

kouk_k_82
パテ塗りです。天井や壁にパテを施工していきます。

この工事の目的は、この後施工するクロスがよりキレイに仕上がるようにすること。

クロスの厚みは薄いので、下地を平らにしておかないと、クロスが仕上がったときに下地のデコボコが見えてきてしまうんです。

そこで、下地を平らにするためのパテ工事。平らになるまで繰り返しパテを施工します。


さて、外の工事の様子に移ります。

境界用の化粧ブロック、搬入。
kouk_k_80
この化粧ブロックを隣地との境界に施工します。

化粧ブロックの施工前に行うことといえば、
kouk_k_83
掘削!

境界の化粧ブロックを施工するところに水糸をピンと張り、真っすぐの溝を掘ります。

右側には使用するモルタルの袋がスタンバイ。
基礎工事の時とは違い使用量が少ないので、ミキサー車を使わず、現地でコンクリートをつくり、施工します。
kouk_k_84
こちらはエコキュートの土台。

事前に給水管や配水管が配置されたところに、型枠を取り付け、配筋工事をおこないました。
そこにコンクリートを打設。

コンクリートブロック工事もエコキュートの土台もコンクリートを施工するので、同じコンクリートを使う工事、効率よく一気に作業を行います!

施工後は強度が出るまで養生です。

工事続きます。