前回は配筋工事が終わったところまででしたが、工事が進んで基礎コンクリートの打設が行われました!
koun_a_14
生コン車からコンクリートを型枠内にどんどん流し込み、バイブレーターをかけて骨材を均等にし、その後均し、養生します。

koun_a_15
土間コンができたら今度は基礎の立ち上がり部分の打設になります。基礎立ち上がりの型枠を設置し、基礎断熱の押出法ポリスチレンフォームを基礎型枠内に設置。
それから立ち上がり部分のコンクリートを流し込んでいるところです。
koun_a_16
基礎の立ち上がり部分のコンクリートを打設した後、型枠を外す前にさらに作業があります。
コンクリートを流して均しただけでは高さを均一にすることが難しいため、レベラーを施工して基礎立ち上がりの高さを調整し、表面をキレイに仕上げます。
高さがキレイに一定になっていないと建物の気密や断熱に影響するので、丁寧に作業します。

koun_a_17
基礎を養生した後、型枠が外されました。

が、土間コンの打設はまだあります。
玄関やシューズクローゼットなどの土間部分にもコンクリートを打設しますが、その前に断熱材を施工したり、玄関ポーチの階段にコンクリートを打設するために型枠が取り付けられました。
koun_a_18
打設したら養生!

そしてそして…
koun_a_19
土間、ポーチ部分も含めたコン打ちが終了し、脱型しました!

ということで、基礎工事が終了しました。

次はいろいろ下準備をしたのち、建て方です。