基礎の型枠工事の様子で終了した前回の続きです。

型枠の外側を設置した後は、配筋工事を行います。
koun_a_07
型枠内に、真っすぐ長い鉄筋、曲げられた鉄筋など様々な形状の鉄筋を運び込み、既定の太さ・形状の鉄筋を、既定の位置に配筋していきます。
koun_a_08
配筋後の写真です。
土間部分は細かい間隔で均等に配筋され、中心部には地中梁も設置されています。

そして、配筋が終わってもまだ作業は続きます。それがこちら。

koun_a_09

koun_a_10
白いパーツ、そしてグリーンに見えるパーツと、どんどんパーツが増えています。

近くで見てみると、
koun_a_11
こんな感じです。

白いのは鉄筋にきちんとコンクリートがかぶるように取り付けられているスペーサーです。

グリーンのは、左側に見える機械……ではなく、グレーの配管にコンクリートが入らないように養生されている養生テープの色でした。

こんな風に、コンクリートを打設する前にしっかりと下準備をします。そして配筋がきちんとされているのか建築士と第三者機関による確認を行ってからコンクリートの打設となります。

コン打ちの様子は次回以降です。

そして。
前回更新時未完成だった完成予想模型が完成しました!
こちらです。
koun_a_12
模型製作の際のプリンタによる印刷と、ブログに載せるための写真撮影&画像編集で見やすくするための色加工というトリプルフィルターがかかっているため、黒く見えますが、実際に施工する予定なのはネイビーの外壁材です!

実際の色合いは完成してからのお楽しみ、ということですね!(´・ω・`)

そしてそして。
koun_a_13
どぉんと屋根に載っているのは太陽光発電パネル!
屋根いっぱいに太陽光パネルを載せる計画になっています。

今回はここまでです。