綿花の中に、綿花じゃない植物が混じっているように見えるのは気のせいなのか、気のせいではないのか……
green2018_16
一番成長してるのが、朝顔っぽいのです。
真ん中の一番大きいの、葉っぱがハート型なのです……

ここでグリーンカーテンの方の朝顔をチェック。
green2018_18
ゴーヤ(ぎざぎざの葉っぱ)と混じって、朝顔(ハート形の葉っぱ)も成長中ですが、綿花のところから生えてるの、やっぱり朝顔っぽい(笑)

綿花と朝顔の種を発芽させようとおんなじコップに入れて水を入れていたので、きっと混じったのでしょう。発芽時の写真がこれ。
green2018_04
発芽させたとき、こんな感じだったので。混入してもおかしくありませんね。

まぁ、綿花のところに朝顔が生えても今のところ困ることも無く、一応放置する方向で見守ってみます。

後は、グリーンカーテンに毎年恒例のタイベックシルバーを使います。
green2018_19
家の場合はしっかり施工するタイベックシルバーですが、こちらの場合はゆるっと施工です。

なぜかというと、タイベックシルバーは遮熱したり、湿気を通したりしますが、”防水シート”なので、水を通しません。
しっかり施工をしてしまうと、水をあげすぎたときに排水できなくて水が溜まって根腐れの原因になってしまうかも……などと思って排水できるようにゆるっと施工にしてみました。

そもそも何でタイベックシルバーを使うのかというと、これをかけると土の乾くスピードがかなり遅くなります。

炎天下の日などは、条件下によっては朝夕水やりが必要になりますが、タイベックシルバーを使うと、ちょっとくらい水やりをサボっても大丈夫!というわけです。

ちゃんと農業している方はちゃんとした方法があるのだと思いますが、アルファは建築会社で、建材の切れ端とかが余っているので、それを使っちゃえという、まあ、いわゆる、手抜きです( ´艸`)

続きます。